【パーソナルジム】食事管理や食事指導の必要性・メリットは?栄養についても知ろう

パーソナルジムの食事指導は必要?

現在、YouTubeやSNSなど多くのメディアで食事にまつわる情報が溢れています。

そのため、食事指導を受ける必要はないと考える方もいらっしゃるでしょう。

こちらでは、パーソナルジムの食事指導が必要な理由を見ていきましょう。

食事に注意する習慣が身につく

パーソナルジムの食事指導では、毎食の写真を撮影しトレーナーや栄養士に報告します。

こうした生活を長期間続けるため、食事に対する意識が変わります。

専門知識が豊富なトレーナーが指導してくれる

正しく食事を見直すためには、専門知識が必要です。

初心者が正しい食事知識を身につけることは簡単ではありません。

トレーニング前に補給しておいた方がよい栄養やトレーニング後の食事で気を付けるべきことに関して、資格を持ったトレーナーが正しく指導してくれます。

自分だけに合った食事プログラム

オリジナルの食事指導が受けられるということも理由の1つです。

人によって生活習慣や食事の好みも様々です。

自分のライフスタイルに合っていなければ、食事がストレスになってしまいます。

パーソナルジムでの食事指導は、受ける人の生活に合わせて無理なく継続できる食事の改善方法を指導してくれます。

実際の食事管理の内容について

食事管理の内容について、解説していきます。

高タンパク食は共通

ほとんどのパーソナルトレーニングジムで共通しているのが、高タンパクな食事です。

タンパク質は筋肉の原料になるもので、健康維持のためには体重×0.8gのタンパク質が必要だといわれています。

トレーニング期間中はさらにタンパク質が必要です。

そのため、普段の食事では高タンパク食がすすめられます。

高タンパク食にすることでトレーニング後の筋肉の成長が早くなるため、太りにくく痩せやすい身体になります。

糖質制限はジムによって違う

糖質制限の有無は、パーソナルトレーニングジムによって異なります。

糖質制限をすることでカロリーを減らしたり、血糖値の上昇を抑えたりすることが期待できます。

しかし、好きなものが食べられないことからストレスによる健康への悪影響や、パーソナルトレーニング終了後にリバウンドしてしまうこともあります。

ご自身の目的に合わせて、糖質制限が必要なのかどうかをトレーナーに聞いてみましょう。

食事管理の指導を受けたい男性の方は、パーソナルジムをご利用ください。

SF GYMでは、1人1人のライフスタイルに合った無理なく続けられる方法をご提案させていただきます。

無料体験も可能ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

パーソナルジムで食事指導を受けるメリットとは?

食事指導を受けるメリットは、自分にとって最適な食事に関する知識を身につけられることです。

パーソナルジムの食事指導では、学校で学ぶような知識を実践形式で教えてもらえます。

トレーナーからの指導を守ることで、自分に合った食生活を身につけられます。


また、食事指導があるパーソナルジムに通うことで、炭水化物、脂質、タンパク質の3大栄養素の取り方やカロリーの計算方法といった役に立つダイエット知識を学べます。

個室のパーソナルジムで食事指導を受けたいとお考えでしたら、SF GYMをご利用ください。

1人1人に合わせた適切なプランをご提案させていただきます。

駅から近く、駐車場もご用意していますので、お気軽にご利用いただけます。

パーソナルジムでの食事管理を受けるなら知っておきたい栄養素

タンパク質

タンパク質は髪の毛・肌・筋肉など、体の様々な部分を構成する栄養素です。
人間の体の7割は水分でできていますが、その次に必要な栄養素と言われるほど重要な栄養素です。タンパク質1日の摂取量として、女性であれば50g、男性であれば60gが推奨されています。動物性・植物性のタンパク質があるので、バランス良く取るのがポイントです。

ビタミン

ビタミンは人間の代謝を手助けする大切な栄養成分で、潤滑油のような働きをしてくれる栄養素です。ビタミンには脂溶性と水溶性があり、1日に100㎎ほど接種するのが理想とされています。豚肉・にんじん・かぼちゃ・バナナなどにビタミンは多く含まれており、ビタミンは美容に役立つ成分です。

脂質

脂質はエネルギー産生栄養素の一つで、細胞膜やホルモンの構成成分として、体温の維持や内臓の保護に役立つ栄養成分です。1日の摂取量として1日のエネルギー量の20~30%が理想とされており、オリーブオイル・ごま油・バター・牛肉などに多く含まれています。

糖質(炭水化物)

糖質は炭水化物の構成成分であり、体内ではエネルギーとして利用されます。適度な量を摂取していれば問題ないですが、摂りすぎると脂肪として蓄積されます。1日の摂取量として70~130gが理想とされており、ごはん・パン・麺類・芋類などに多く含まれています。

食事管理に活かそう!タンパク質が多く含まれる食材は?

ボディメイク中の食事管理では身体のもととなるたんぱく質をしっかり摂ることが重要です。

たんぱく質が多い食材(100gあたりの含有量)

<肉>

鶏むね(皮なし):22.3g
鶏もも肉:16.4g
豚ロース肉:22.7g
豚外もも:21.4g
牛肉もも赤肉:11.25g
牛肉サーロイン赤肉:22g

<魚>

まぐろ切り身:26.4g
さけ:18g
ぶり:21.4g

<卵>

生卵:12.3g
ゆで卵:12.9g

<乳製品>

牛乳:3.2g
ヨーグルト:3.6g
チーズ:22.7g

<豆類>

大豆:52.95g
納豆:8.25g
無調整豆乳:3.6g
木綿豆腐:6.6g
アーモンド:18.6g
くるみ:14.6g

食事管理の必須知識 動物性/植物性たんぱく質の違い

ボディメイク中の食事管理は動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違いも考慮する必要があります。

体内でつくれない必須アミノ酸が豊富なのは動物性たんぱく質のほうですが消化・吸収のスピードが速いのは植物性たんぱく質です。また、動物性たんぱく質を多く含む食材は脂肪分も多い傾向があります。対して植物性たんぱく質はサポニンやイソフラボンといったポリフェノール、ナトリウム・カリウムといったミネラルも豊富です。

SF GYMはトレーニングだけでなく食事管理プランの作成にも対応いたします。
完全個室・駐車場完備、男性・女性問わず自分の体とじっくり向き合えるパーソナルジムでまずは無料体験から始めてみませんか?

パーソナルジムでの食事指導でのよくあるご質問

question

Q

普通のジムでトレーニングするのとパーソナルジムでトレーニングするのは、具体的に何が違うのでしょうか?

question

A

一人でトレーニングをする場合、どういったトレーニングをすればいいのか、自分が目指すスタイルを叶えるにはどのトレーニングが効果的なのかなど、いろいろとわからないことが多いとモチベーション維持や運動習慣が身につきにくいかと思われます。ですが、パーソナルジムではプロのトレーナーが、お客様へ運動・食事などマンツーマンでサポートします。二人三脚でトレーニングできるので、モチベーションを維持しながら続けられます。

question

Q

パーソナルジムに通っている間はお酒を飲むのはNGですか?

question

A

お酒は全く飲んではいけないというワケではありません。
会社の飲み会や友人や知人とのお付き合いもあるかと思われますので、
飲む際は量をコントロールしながら楽しんでいただければ、しっかりとボディメイクをしていくことは可能です。

question

Q

年齢や性別などに制限はありますか?

question

A

年齢や性別などに特に制限は設けておりません。
病院などに通院しておりお医者さんから運動制限などを指示されておらず、健康な方であればどなたでも入会していただけます。20代からご年配の方まで、健康維持やボディトレーニングなど、様々な目的でご利用いただけます。

question

Q

運動習慣がないのできついトレーニングについていけるか…

question

A

よくある限界まで追い込むようなトレーニング、お客様が無理をするトレーニングは推奨していないのでご安心ください。正しいフォームを意識していただきながら、効果的にトレーニングをできるように指導いたします。

question

Q

トレーニングを始めて、どのくらいで効果は出ますか?

question

A

もともとの体重や体型から目指している体重や体型によって、一人ひとり取り組むメニューが変わるため、各個人の条件によって効果が出るまでには期間に差があります。事前のカウンセリングで目安の期間をお伝えしますので、その際にご確認ください。

question

Q

食事制限は必ずしないといけないでしょうか?

question

A

食事制限は必須というワケではありません。
ですが、短期間で結果を出したいという場合は、トレーニングと食事の調整は必要になります。SFGYMではLINEによる食事管理をしているので、安心して取り組んでいただけます。

藤沢市のパーソナルジムでトレーニングをするならSFGYMへ

藤沢市のパーソナルジムSFGYMは、若い方からシニアの方まで通いやすいプログラムを用意しており、指導経験が豊富な男性トレーナーがマンツーマン指導を行っています。

湘南・藤沢市の辻堂駅から徒歩3分、駐車場も完備しているので、お仕事帰りや学校帰りにも通いやすいのが特徴です。無料体験を受けることもできるので、まずはパーソナルジムの雰囲気やトレーナーの指導方法を確認したいという方も、安心して入会を検討していただけます。

完全オーダーメイドのプライベートパーソナルジムなので、周りの目線を気にせずにリラックスしながらトレーニングを受けていただけます。個室のパーソナルジムをお探しの方は、ぜひSFGYMへ。

ダイエット中の食事管理は栄養バランスと基礎代謝量アップがポイント

ダイエット中、上手に食事管理するためのポイントが2つあります。

1.栄養バランスを整える

健康的なダイエットとは“健康は維持しながら”ボディラインを引き締めたり減量したりすることです。そのため、健康維持に必要な栄養はしっかり押さえることが重要になります。
例えば、ダイエット中に糖質はNGというイメージがありますが糖がないと身体を動かすエネルギー確保や体温維持ができません。

  • 3食規則正しく食べる

  • たんぱく質を増やす

  • 必要な糖質は食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富な玄米・麦・雑穀から摂る

  • 必要な脂質は魚・ナッツ・アボカドなど“良質な油”から摂る など

必要な栄養素は確保しつつ、不足しがちな栄養豊富な食材を増やすように意識してみましょう。

2.摂ったエネルギー<出ていくエネルギーになるようにする

身体に糖や脂肪が蓄積されていく原因は摂ったエネルギーを使いきれずに身体がストックしてしまうからです。そう考えると、健康的なダイエットとは「必要な栄養を確保しつつ食事で摂った糖や脂肪を身体がストックしないようにするためにどうすればいいか」ということになります。
出ていくエネルギーを増やすためには、エネルギー消費の6割を占める基礎代謝量が多い身体づくりがもっとも近道。ダイエットに筋トレがいい理由も筋肉量が増えることで基礎代謝量が増えるからです。
特に女性は男性よりも筋肉量が少なく、基礎代謝が少なくても動けるようになっています。女性らしいしなやかさを残しつつボディラインを引き締めるためには、食事管理と計画的な筋トレが重要です。

ダイエットをスムーズに進めるために、食事は運動と同じくらい重要な要素となります。
パーソナルジムでダイエットにチャレンジするならトレーニングとあわせてプロの食事管理もセットで依頼するのがおすすめです。